世の中

よくTwitterでは「世の中が悪い」「世の中がクソ」「お前らみんなクソ」「世の中なんて」と言ってしまいます。

 

世の中って言ったってそれは自分の主観でしか見ていない世界なのでそれは。

だからクソなのは当たり前。世の中は自分が変わらないと変わらないっていうのは自分が世の中そのものなのでそういうことです。でもやっぱり自分の世界はクソです。クソだと捉えているのは自分かもしれませんが要因は十分に世の中じゃなくて世界にあると思います。

 

さっきまでオリンピック選手が出ているバラエティ番組をみていました。2歳から親にスポーツの英才教育を受けさせられてその結果今があるというエピソードが紹介されてました。とても気持ち悪かった。狂っています。親というものは子供に対して狂う、いい例だとおもいました。今があるから笑えるのです美談に仕立て上げられるのです。他の才能の芽をすべて除草剤で殺して進んだその先が必ずいいものであるはずがありません。努力はいい結果も悪い結果も運ぶので。

もし、1つのスポーツに打ち込んでいて、それ以外なにをすることも許されず決められた努力をしていたのにある日突然怪我でそのスポーツを奪われたらとかおもってしまいます。

それでも努力は無駄じゃないとかいう人は頭がおかしいし狂っているので近づきたくない。

 

世界は美談至上主義。

 

@人にされて嫌なことを他人にしない

@されて嫌ではないことを他人にした

@他人は嫌だと感じた

@反省

@他人は以前嫌だと言ったことを自分にてきた

@以前は嫌ではなかったのに他人が嫌と認識したものをされたのが気にくわない

@@@

大した年数ではないにしろ生きてきてようやく気付いたんですけど、うまく世界に適合していない。正確には人様の世の中に適合していません。

人間不信ではありません。むしろ人間不信とか抜かす人は嫌い。とても。

ただやっぱり上手にできないってただそれだけです。コミュニケーションとかコミュニティーとかそういう話ではなくて

 

もっと単純な話です。

広告を非表示にする