使

退屈や惰性が幸せだという人があまりにも多いから自分は人より頑張れる人間なのかとも思えてきた。

ぬるま湯に浸かって外に出ると実際より寒く感じてまたぬるま湯に戻ってしまう、そういった回転にはまってしまうと早々には抜けられない。温かいものが待っている確証もなければ体を拭く術も持ち合わせていない。一年に感じる一ヶ月が積み重なって本当の一年になるころには自分はどういう気持ちなんだろう。

うまく適応していても悲しいし、していなくても悲しい、この頃はなんだって悲しくなるんだ。

 

 

 

他の足の先端が暑くて脳にも空気が行き届いない、夏のせいなら夏をうらんでやる。夏はきっと悪気はないけれど他人を貶めるところがある。夏になってからみんな少しおかしくて、それにみんな気がついてるはずなのにこんなのおかしいとは言わない。口に出さないほうが保たれるものもあるし、口に出さないと滑りになるものもある。その両方を飲み込んで毎日つまる。喉がひどく乾く。

 

 

 

 

理想と現実の狭間とは違う別の場所を漂っていて、きっともうどちらにも戻れない。夢見がちにも、しっかり者にもならなくてただ日々を許容したふりをしては叛骨の精神をどこの誰でもない雲に叫んではまわるまわる、こういうポエムを書いて恥ずかしくなって汚くなっては綺麗な文を読んで洗う。

 

 

 

 

罪悪感を感じない代わりに虚無感と劣等感をよく感じている。はたしてこれが本当に劣等感で虚無感なのか証明するすべはないけれど少なくとも自分はそうよんでいるし自分のことは自分の中で全てだ。他人の中にいる自分は他人なのでそれになりたいとさえ願う時もある。

 

毎日を毎日と呼ぶことが億劫、体についた脂肪と焦げを鬱陶しく思い、綺麗になる汚い妄想をしては得体の知れないものをすり減らして補充しないまま眠る。

 

 

 

昔の方が辛かったはずなのに今の方が淀んでいるのは今が昔を兼ねているからなのか、今そのものに脳みそが拒否反応を起こしているからなのかはわからない。つまりなにもわからないってことだ。きっとこのあと突発的な勇気が背中を押して宙を舞って何かに体を打ち付けるということはないのだろうという感覚がする。でももう、人生スタンプラリーのハンコを押さそうな箇所が見つからないんだ。このあと何かしたいわけではないからね、ただこういうくだらないことを文章にしなくなることを願うばかりなんだよ

 

広告を非表示にする

世の中

よくTwitterでは「世の中が悪い」「世の中がクソ」「お前らみんなクソ」「世の中なんて」と言ってしまいます。

 

世の中って言ったってそれは自分の主観でしか見ていない世界なのでそれは。

だからクソなのは当たり前。世の中は自分が変わらないと変わらないっていうのは自分が世の中そのものなのでそういうことです。でもやっぱり自分の世界はクソです。クソだと捉えているのは自分かもしれませんが要因は十分に世の中じゃなくて世界にあると思います。

 

さっきまでオリンピック選手が出ているバラエティ番組をみていました。2歳から親にスポーツの英才教育を受けさせられてその結果今があるというエピソードが紹介されてました。とても気持ち悪かった。狂っています。親というものは子供に対して狂う、いい例だとおもいました。今があるから笑えるのです美談に仕立て上げられるのです。他の才能の芽をすべて除草剤で殺して進んだその先が必ずいいものであるはずがありません。努力はいい結果も悪い結果も運ぶので。

もし、1つのスポーツに打ち込んでいて、それ以外なにをすることも許されず決められた努力をしていたのにある日突然怪我でそのスポーツを奪われたらとかおもってしまいます。

それでも努力は無駄じゃないとかいう人は頭がおかしいし狂っているので近づきたくない。

 

世界は美談至上主義。

 

@人にされて嫌なことを他人にしない

@されて嫌ではないことを他人にした

@他人は嫌だと感じた

@反省

@他人は以前嫌だと言ったことを自分にてきた

@以前は嫌ではなかったのに他人が嫌と認識したものをされたのが気にくわない

@@@

大した年数ではないにしろ生きてきてようやく気付いたんですけど、うまく世界に適合していない。正確には人様の世の中に適合していません。

人間不信ではありません。むしろ人間不信とか抜かす人は嫌い。とても。

ただやっぱり上手にできないってただそれだけです。コミュニケーションとかコミュニティーとかそういう話ではなくて

 

もっと単純な話です。

広告を非表示にする

6/23 夜

死にたい生と死の狭間で死にたい死にたいって喚きながらギリギリで生きるって本当に苦しい苦しくて息が詰まる自分で自分の何かを犠牲にしても自分で自分の首を絞めても結局生き延びてしまうんだからそれなら誰かに人生終わりにしてもらった方が都合が良いのかもしれない右へ左へ足掻いたって結局ゴミ箱行きの人生なら誰かにギリギリで繋いでいる糸みたいな命をハサミで切ってもらいたいもういいよ頑張らなくていいよ終わりにしていいんだよって耳元で囁いてほしい目一杯生きたのかは分からないけどきっと自分なりに必死に命削って生きたんだ精一杯生きたんだそんな日を夢見て今日も死にたみに押し潰されながら生きてる電車を待っている間のホームを見る度飛び込んでしまおうかって毎日本気で考えてる何の為に生きてるか誰の為に生きてるかなんて分からないきっと永遠に答えは出ない生きることなんて簡単なはずなのにこんなに労力使って苦しんでる人間なんて自分だけなんじゃないかって思う皆人生に行き詰まって苦しいんだなんて言うけど苦しさの度合いが違うと思う私はこんなに苦しんでるんだって胸張って自慢したい訳じゃないだけど本当に生きるのが苦しくて辛い死へ一歩踏み出す勇気がない意気地なしだけど一歩踏み出してしまったら負けだとも思ってるから空っぽの身体と心で今も息をしてる死にたいって言葉は恥ずかしいけど今はとにかく死にたいです牽引ロープで首吊っちゃいたいくらいどん底です莫大な不安が身体中を駆け回って気が狂いそう助けてなんて恥ずかしくて言えない私は私を苦しめ続けながら生きていかなきゃならない本当に本当に苦 しいね私の人生いつまで続くかな明日には終わっちゃうかもね終わってたらごめんねテヘペロ
 

広告を非表示にする